【ダイソー釣具】DAISO最新釣具紹介!欲しい新商品多数!買いまくりました。#ダイソー #ダイソー釣り具 #DAISO

【ダイソー釣具】DAISO最新釣具紹介!欲しい新商品多数!買いまくりました。

#ダイソー #ダイソー釣り具 #DAISO

株式会社大創産業(だいそうさんぎょう)は、広島県東広島市に本社を置く、100円ショップのダイソー(DAISO)を運営する日本の企業である。日本国内に約3,300店舗、世界26の国家・地域に、約2,000店舗を展開している

当初はスーパーマーケットの駐車場に店舗を構える、移動販売・露店方式の100円ショップを運営していた。

1980年頃の100円ショップは、問屋からすべての商品を70円以下で仕入れて100円で売る状態であったことから商品の質にも限界があった。当時、ある主婦客の一人が「安物買いの銭失い」とつぶやくのを創業者である矢野博丈が目にし、それ以来仕入れのスタイルを変えた。時には98円で仕入れた商品を100円で売ることもあるなど、売価100円の範囲で可能な限り質にこだわった商品構成に変更した。これにより「矢野の100円ショップは商品がいい」と評判を呼び、全国から引き合いが増えるようになった。

スーパーマーケットのオーナーからテナントでの出店を誘われたことが、現在のダイソーのルーツとなる。100円商品は安価で品質は劣るという先入観を払拭するため、仕入れ原価が100円に近いものや原価割れしている商品も100円として販売する手法を取った。また、テナント形式の店舗により、顧客はいつでも来店して買い物することができ、商品に問題があった場合は店舗にクレームを申し入れられるようになったため、移動販売に比べて格段の信頼を得ることにもつながった。それらの理由により、屋内の店舗形式による100円ショップを展開していく大きな原動力となった。

1991年3月、同社初めての直営100円均一ショップを、香川県高松市の丸亀町商店街内に開店する。創業時初期は商店街等への出店が多かった。また店舗にはNo.○○とナンバリングをしており、小倉魚町店(No.16)等、現在もその時期の外装で営業する店舗も存在する。

店舗展開
バブル崩壊後の平成不況時代(失われた10年)において、消費者の購買意欲が低下している経済状況がチャンスとなり、安価な商品を求める当時の消費者のニーズに応えた。

また生活に関わる雑貨品を中心に、多岐にわたるジャンルの商品を陳列し、「100円ショップ=多数のジャンルの商品がある」とのイメージを付加した。安価の魅力の他に、一度の来店で多様なジャンルの雑貨が購入できる利便性が、来店者数増加・売り上げ拡大の要因ともなる。

付加価値の高い商品を多く揃えられた背景には、

平成大不況時代において商品の原価や原材料の市中価格は著しい低水準価格であったこと
製造メーカーや卸売業者から大量の商品・商材を、現金取引で行うことで、通常より仕入れコストを抑えていたこと
が要因である。

そして、積極的な出店を展開し、豊富な商品の品揃えの中で100円均一というスタイルが、近所の評判やメディアを通じて知名度を一気に上げ、ダイソーは全国区レベルの小売業に成長する結果となった。絶大なる知名度と大不況時代の国民からの支持により、売り場面積1,000 – 2,000坪超の超大型店舗や、アジアやアメリカ合衆国を中心とした日本国外への出店も実現した。

製造メーカーが生産した商品でも、製造メーカー名を伏せて大創産業の社名のみと自社のロゴ(「素材発信」や「ザ○○」など)を明記して自社オリジナル商品仕様にすることにより、単なる小売業ではなく商品開発・管理が特化している企業となり、消費者からは「ダイソーのオリジナル商品」の呼称も多く見受けられるようになり、商品開発力をも持ち合わせる店舗として捉えられることにもなった。

バブル崩壊後の平成不況時代の末期ごろから、「高額商品」という呼称で100円以上の商品の販売が開始された。当初は150円や200円などの、従来の100円商品に多少の付加価値を加えた程度の商品が多く、100円ショップの概念を打ち壊して批判を受けたり疑問を抱かれる不安材料があったものの、100円ショップブームが終焉して経営不振になることを懸念したため、脱・100円ショップ路線を模索する形で実施に踏み切った。これは創業者であり社長である矢野の創業以来の考えであった。

結果的には極端な来店者数の減少を招くことなく、豊富な商品ラインナップにより来店する客が多いことを機軸にして、高額商品を自然な形で定着することができた。

社名
創業当時、「会社の規模はまだまだ小さいけど、名前だけは大きな物にしよう」という意気込みから、「大きく創る」を「大創」としたのが社名の由来である。

キャッチコピー
「だんぜん!ダイソー」

店舗ブランド
店舗によっては、「DAISO」・「Standard Products」・「THREEPY」の3業態がワンフロア内に集結した店舗や、「THREEPY」と「DAISO」又は「Standard Products」の2業態を1つの店舗で展開する複合店舗が存在する。

100円ショップ
ダイソー (DAISO) – 以前は「ザ・ダイソー」の名で出店していたが、2019年3月、店名の表記が「ダイソー」に変更された。
オレンジ – 株式会社中部商会が運営していた100円ショップ。2015年10月にダイソーが買収した時点では54店舗存在していたが、「ダイソー」への転換や閉店が進み、2023年3月5日時点で現存するのは、泉たてば店(横浜市泉区)のみである。
300円ショップ
Standard Products(スタンダードプロダクツ) – 2021年3月26日、渋谷マークシティ1階に1号店をオープンしたのを皮切りに、2023年8月時点で北海道・東北(青森県・山形県・福島県は未出店)、関東(茨城県・栃木県は未出店)、北陸・中部(福井県・静岡県は未出店)、九州・沖縄(佐賀県・長崎県・宮崎県は未出店)及び近畿・中国・四国の一部(京都府・大阪府・兵庫県・島根県・広島県・徳島県・香川県のみ)に73店舗を展開している。
THREEPPY(スリーピー) – 若い女性にターゲットを絞り、専用ウェブサイトやInstagram公式アカウントを開設して宣伝している。2023年8月時点で全国に367店舗を展開している。
CouCou(クゥクゥ)(一部500円の商品もある) – かつてはビルジャンが運営していたが、2020年5月1日に大創産業がビルジャンから事業譲受した。2023年8月時点で栃木県・群馬県を除く関東及び愛知県・滋賀県・兵庫県・広島県・福岡県・佐賀県・鹿児島県に17店舗を展開。Instagramの公式アカウントが「THREEPPY」と統合されている。
PlusHeart(プラスハート) – 「THREEPPY」の商品も取り扱う。2023年8月時点で北海道・岩手県・埼玉県・千葉県・静岡県・愛知県に6店舗を展開。「CouCou」同様、Instagramの公式アカウントが「THREEPPY」と統合されている。

コメント